介護タクシーの開業と営業支援『ハートフルサービス』

開業後のサポートについて

 


Q. 事故が起きたらどうすればよいですか?
Ans.

事故発生時は、同乗者を含めケガをされた方の救護が最優先です。
応急手当や救急車を呼ぶなど、状況に応じて対応します。さらに、車両を安全な場所へ移動させ、発炎筒・停止表示器材を置くなど、道路上の危険防止措置を行い、最寄りの警察に連絡をしてください。その後、保険会社と当社へご連絡ください。
車両修理が必要な場合は、提携の車両販売店が保険会社との交渉を行います。

仮に、修理のため車両が使えない場合には、休業となるため、その補償申請を行っていただきます。
※休業補償の申請には、売上げ証明書が必要です。

     
     
    ▲よくある質問カテゴリー一覧に戻る
     
     
 

介護タクシー 開業 営業 支援7.png

⇒実車研修、営業指導など、介護タクシーの開業をサポート『開業支援内容』

 
     

■サイトマップ

⇒実車研修、営業指導など、介護タクシーの開業をサポート『開業支援内容』

⇒開業1年目から毎年車両を増車!『開業体験談』

⇒開業後の収入・開業資金など『開業までの流れ』

 
◆よくある質問Q&A

介護タクシー業について | ハートフルサービスについて | 開業準備について | 開業後のサポートについて | タクシー用車両について

◆車両トラブル例

車椅子リフトの故障 | 車椅子スロープの故障 | 鈑金塗装その他 

◆支援エリア

東京都 | 埼玉県 | 千葉県 | 神奈川県 | 群馬県 | 栃木県 | 茨城県

   
  ▲TOPへ戻る